武富士“突然死”の不可解、過払返還金は大幅カットに


 過払利息返還請求が減少せず、武富士の経営を圧迫していたことは事実だ。8月末時点で、利息返還の未払い額は1713億円まで積み上がっていた。ある弁護士は「武富士は来年まで支払いを待ってほしいと言った」という。来年になれば武富士に支払い余力はあったのか。これも不透明と言わざるをえない。

経営陣の責任はあいまい

今回、東京地裁が採用した会社更生法は、現経営陣の一部が残留する「DIP型」に準ずる方式だ。その理由について保全管財人の小畑英一弁護士は、「膨大な過払請求がある中、更生法の申し立て前の準備と申し立て後の対応、体制に連続性を確保しないといけないため」と説明した。

だが、経営責任を問題視する声は少なくない。潜在的な過払利息返還請求者は「100万~200万人で、1兆~2兆円と予想される」(小畑弁護士)が、更生手続の結果、返還金の大幅カットが余儀なくされる。社債の保有者もデフォルトによる損失を被ることになり、株も100%減資によって紙くずとなる。新経営陣は、債権者の理解を得られるのだろうか。

数々の疑問点は残るが、消費者金融、信販・クレジットカード業界にとっては、首をかしげる余裕さえもなさそうだ。今回の破綻劇によって、今後の過払利息返還請求が増大する懸念がさらに強まったからだ。

「経営破綻した武富士は『これしか支払えません』で済むが、存続しているわれわれは全額返還しなければならない」。業界内では、異口同音にこんな言葉が交わされている。確かに「生きている者こそ苦しい」のならば、武富士は今、極楽にあるのかもしれない。

(浪川 攻 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年10月9日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT