吉野家「有力メニュー」再開、未来はどっちだ!

昨年は発売初年度ながら大貢献

吉野家ホールディングスのトップ交代で2012年6月に会見した河村氏と安部氏(撮影:ヒダキトモコ)

2012年、当時43歳だった河村氏は「(社長として吉野家グループの)はなまるうどんを立て直したこと、明確なビジョンを描ける経営者であること」(安部氏)といった理由から、吉野家ホールディングスの社長に選ばれた。ただ、当時は中期経営計画の途中だったため、「ここで経営を離れるわけにはいかない」として、事業会社の吉野家トップは引き続き安部氏が務めていた。

安部氏が今年8月末に退任し、持株会社に加えて事業会社のトップも河村氏になった。今後の展開について”河村カラー”を打ち出すかとも思われたが、10月22日の会見では「これからも商品を磨き続ける。これは当グループ共通のDNAでもあるが、お客様に喜んでいただく商品を提供していきたい」と述べるにとどまった。

河村社長主導の新商品投入は?

鍋メニューが再開するのは10月末から。昨年は12月初旬に投入したことから、11月の既存店の月次売上高の前年超えは濃厚だ。ただ、12月以降は前年に既存店が2ケタ台の伸びを記録しており、ハードルが高い。肉質を向上させ、値段を上げた新たな鍋メニューがどこまで健闘するかが、今下期(14年9月~15年2月)を占うひとつのポイントになりそうだ。

これから「河村カラー」が出てくるのか?(撮影:尾形文繁)

そして気になるのがバトンを引き継いだ河村社長の手腕だ。安部氏は以前、河村氏についてこう話していた。「彼に対して安心できるのは客観的だから。経営分析は誰だってできる。でも彼は、自身の経営を客観的な数字でみて、自分でやり始めたことの是非をきちんと認識したうえで、修正できる」と話していた。

今回の鍋、そして牛肉の熟成度向上については、安部時代に決められたこと。今後、河村体制の下で打ち出す新メニューがどのタイミングで出てくるのか注目される。河村氏が事業会社の舵取りを行うのは、はなまるうどん以来、2年ぶり。安部氏の言う「客観的な視点」に基づいた経営手腕が改めて試されようとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT