新型ノア/ヴォクシー「このデザイン」で出た理由 賛否あっても売れる?巨大グリルのインパクト

印刷
A
A

発表・発売となった1月13日に記者発表会のような場は設けられず、1月14日からの東京オートサロンで、報道関係者や一般ユーザー向けにトヨタ系カスタムブランド「モデリスタ」がカスタマイズした新型を公開した。

日本最大級のカスタムカーの祭典である東京オートサロンは、来場経験者であれば理解していると思うが、ノーマルよりも派手で目立つ展示車が多い。そもそもカスタムには自己主張も含まれており、地味では映えない。

その前日に新型を発表したというタイミングは、偶然ではないはずだ。カスタムカー同様、クルマは自己主張のアイテムと考え、存在感あるデザインを好むユーザーをターゲットにしていることが考えられる。

3割の「ナチュラル派」を大切にしたホンダ

対するステップワゴンは、ミニバン購入意思のあるユーザーをホンダが調査したところ、ナチュラルなスタイリングを望む人も3割程度いたことから、シンプルかつクリーンな「AIR(エアー)」シリーズを新たに設定した。

2022年1月7日にデザインが公開された「ステップワゴン AIR」(写真:本田技研工業)

つまり、残りの7割はナチュラルなスタイリングを望んでいないことになる。もちろん、すべてがアンチナチュラルという考えではないだろう。「わからない」「どちらでもいい」というサイレントマジョリティーもいるはずだ。

実際にミニバン選びでは、価格や燃費、使い勝手などを優先し、「デザインはあまり気にしない」というユーザーもいるという。トヨタはそのあたりまで考えて、新型ノア/ヴォクシーをこのように仕立てたのかもしれない。インパクトのある形のほうが、興味を抱かせるのに効果的だからだ。

さらにモータージャーナリストの中にも、新型ノア/ヴォクシーのような派手で目立つ顔を支持する人はいる。それを立証したのが、筆者も選考委員を務めた「2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー」だった。

その年に発売された新車の中で、もっとも秀でた内外装デザインを持つクルマに送られる「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」を、BMW「4シリーズ」が受賞したからだ。

次ページこの造形はBMWのイメージに沿うのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT