タイに“世界最大工場” ブリヂストンの大決断

さらにここにきて、輸出拠点としての魅力も高めている。タイ政府は、低燃費の車を生産すれば法人税や輸出利益に対する課税を減免するエコカー政策を推進。これが吸引力となり、自動車メーカーが続々と工場進出や増産に動いている。タイヤメーカーにとっては新車組み付けタイヤの伸びが見込める。

タイ国内に同社はスチールコード、カーボンブラックといった材料工場を持ち、インドネシアの天然ゴム工場も近い。材料調達から製造まで一貫生産できる独自の強みがある。ノンケーからの輸出比率は現状3割だが、増産に伴い日本含むアジア諸国、欧米などへの輸出に弾みがつくのは間違いない。

ノンケー工場の敷地は東京ドーム14個分と広大だ。増産余地は大きく、生産量で彦根を抜き去る日も遠くないかもしれない。タイと日本、彼此(ひし)の勢いの差を象徴するような話である。

■ブリヂストンの業績予想、会社概要はこちら

(週刊東洋経済2010年9月25日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT