タイに“世界最大工場” ブリヂストンの大決断

さらにここにきて、輸出拠点としての魅力も高めている。タイ政府は、低燃費の車を生産すれば法人税や輸出利益に対する課税を減免するエコカー政策を推進。これが吸引力となり、自動車メーカーが続々と工場進出や増産に動いている。タイヤメーカーにとっては新車組み付けタイヤの伸びが見込める。

タイ国内に同社はスチールコード、カーボンブラックといった材料工場を持ち、インドネシアの天然ゴム工場も近い。材料調達から製造まで一貫生産できる独自の強みがある。ノンケーからの輸出比率は現状3割だが、増産に伴い日本含むアジア諸国、欧米などへの輸出に弾みがつくのは間違いない。

ノンケー工場の敷地は東京ドーム14個分と広大だ。増産余地は大きく、生産量で彦根を抜き去る日も遠くないかもしれない。タイと日本、彼此(ひし)の勢いの差を象徴するような話である。

■ブリヂストンの業績予想、会社概要はこちら

(週刊東洋経済2010年9月25日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT