タイに“世界最大工場” ブリヂストンの大決断

さらにここにきて、輸出拠点としての魅力も高めている。タイ政府は、低燃費の車を生産すれば法人税や輸出利益に対する課税を減免するエコカー政策を推進。これが吸引力となり、自動車メーカーが続々と工場進出や増産に動いている。タイヤメーカーにとっては新車組み付けタイヤの伸びが見込める。

タイ国内に同社はスチールコード、カーボンブラックといった材料工場を持ち、インドネシアの天然ゴム工場も近い。材料調達から製造まで一貫生産できる独自の強みがある。ノンケーからの輸出比率は現状3割だが、増産に伴い日本含むアジア諸国、欧米などへの輸出に弾みがつくのは間違いない。

ノンケー工場の敷地は東京ドーム14個分と広大だ。増産余地は大きく、生産量で彦根を抜き去る日も遠くないかもしれない。タイと日本、彼此(ひし)の勢いの差を象徴するような話である。

■ブリヂストンの業績予想、会社概要はこちら

(週刊東洋経済2010年9月25日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT