ANAが格安航空に参入、運賃半額の危ない賭け


 別会社として運営することに懐疑的な見方もある。今やLCCのシェアは世界で3割を超えるとされる。だが、既存大手が仕掛けるLCCは路線だけでなく、人材面などでも本体とのすみ分けが難しく、失敗する例が多い。ANAは独自性を保つためと説明しているが、「上向いてきた本体にLCC新会社の赤字を連結化して決算を毀損したくないのだろう」(国内証券アナリスト)との指摘もある。

別会社となると、路線や便数などの事前調整は独占禁止法に抵触する可能性も高い。仮に収益力のある路線を互いに奪い合うことになれば、LCCに顧客が流れ、結局は本体に打撃を与えかねない。

中にはLCC大手豪ジェットスターのようにカンタスの子会社にすることで、観光・ビジネス路線のすみ分けに成功した例もある。ANAの賭けはどこまで通用するか。

(冨岡 耕 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年9月25日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング