ANAが格安航空に参入、運賃半額の危ない賭け

拡大
縮小


 別会社として運営することに懐疑的な見方もある。今やLCCのシェアは世界で3割を超えるとされる。だが、既存大手が仕掛けるLCCは路線だけでなく、人材面などでも本体とのすみ分けが難しく、失敗する例が多い。ANAは独自性を保つためと説明しているが、「上向いてきた本体にLCC新会社の赤字を連結化して決算を毀損したくないのだろう」(国内証券アナリスト)との指摘もある。

別会社となると、路線や便数などの事前調整は独占禁止法に抵触する可能性も高い。仮に収益力のある路線を互いに奪い合うことになれば、LCCに顧客が流れ、結局は本体に打撃を与えかねない。

中にはLCC大手豪ジェットスターのようにカンタスの子会社にすることで、観光・ビジネス路線のすみ分けに成功した例もある。ANAの賭けはどこまで通用するか。

(冨岡 耕 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年9月25日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT