セブン、増税下で見せつけた最高益の実力

コンビニ依存強く、GMSや百貨店で課題も

実際に数字を見てみると、イトーヨーカ堂は営業収益が6405億円(前年同期比1.8%減)、営業利益が6億円(同74.8%減)。そごう・西武は営業収益が3890億円(同0.5%増)、営業利益が17億円(同11.3%増)だった。両社とも第2四半期単独では営業赤字に陥っている。

村田社長は「イトーヨーカ堂では客数も減っている。リストラなどではなく、根本的に変えていく」としている。百貨店、GMSともに、地域ごとの需要にあった商品開発や、他事業との原材料の共同仕入れ、独自性のある売り場作りなどに一層力を入れるという。

来年10月に予定されている消費再増税について村田社長は「社会保障のためにも重要な税収であるのは間違いないが、それを生かすには消費全般がよくなるべき。足元の厳しい状況を考えると、もう少し先に延ばした方がいいのではないか」と見解を示した。さらに再増税による、駆け込み需要後の反動減が年末商戦にかかることにも、「大変大きな影響が出るのでは」と懸念を漏らした。業績堅調なセブン&アイグループにとっても、心安まらない時期が続きそうだ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT