査定見直しでたちまち債務超過へ転落、日本振興銀行破綻で初のペイオフ発動


 振興銀行は、3日間の業務停止を経て、週明け9月13日から営業を再開し、保護対象となる預金の払い戻し手続きに応じていく。同一の預金者が複数の口座を持つケースがあり、そられを合わせて1人当たりの預金総額を算定する「名寄せ」と呼ばれる作業を今週末に実施する。

預金保険機構の会見では、同行のシステム体制の不安などから、名寄せが遅れる可能性はないかとの質問が出たが、「金融機関のシステムの検証は常時行っている。すでに準備に取りかかっており、今のところ問題は生じていない」(田邉昌徳理事長代理)と話した。直近、同行のシステム検証は昨年10月、さらに今年の5月、8月にも行っているという。

振興銀行によれば、9月7日時点で全額保護の対象とならない預金者は約3500名おり、預金総額は460億円強。そのうち、保護対象外の1000万円超に相当する金額は100億円程度(同行の預金総額は約5800億円)。ただし、最終的な保護対象預金は「名寄せ」で確定させるため、100億円という数字も変わりうる。

振興銀行は10日、預金保険機構が設立した第二日本承継銀行と事業譲渡で基本合意。資産査定作業で「適資産」と「不適資産」に切り分け、適資産を第二日本承継銀行へと譲渡し、最終的な受け皿会社を探していく。貸出残高は4000億円を超すが、果たして「適資産」はいくら残るのか。

(井下 健悟 撮影:吉野純治 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT