情報技術の高度化で顕在化するリスク、国際的なルール作りを急げ

高額で不要な高機能が多すぎ、その割に使いにくい……。

国内だけでしか通用しない、「ガラパゴスケータイ」と揶揄されながらも、独自の機能性と使い勝手を追求して育ってきた日本の携帯電話市場。それはそれでよい面もあった。基本ソフトの技術情報が非公開であるために、世界の通信ネットワークから隔絶した存在であったおかげでウイルスからも隔離され、多少の迷惑メール被害はあったものの、重大なサイバー犯罪に対しては安全と見なされてきた。

米国に遅れること4年、日本でもアップルのアイフォーンの発売を契機に、スマートフォンの出荷台数が急激に伸びている。合わせて、ウィンドウズモバイルやウィンドウズフォン7、グーグルのアンドロイド、カナダRIM社のブラックベリーなどに注目が集まり、2010年に入ってからは、低迷する携帯電話市場に上昇気流を巻き起こしている。

スマートフォンを営業の端末として社内ネットワークにリンクするなど、ビジネスツールとしての利用も始まった。10年末、次世代携帯通信網・LTEのサービスが開始されると、通信速度10倍、容量3倍の高速大容量のネットワークになる。

だが、それは同時に、日本の携帯網もウイルスのリスクにさらされる、ということだ。

後手に回る仕組み作り

インターネットに接続できる利便性は、ウイルス被害と表裏だ。さらに、スマートフォンの基本ソフトの技術はある程度公開されている。アプリケーションの追加を促し、顧客サービスを高めるためだ。だがそれは両刃の剣となる。ウイルス製作者にも門戸を開くことになるからだ。

海外ではすでに数百ものスマートフォン専用ウイルスが確認されている。パソコンのウイルス同様、愉快犯から金銭目的に変節している。もはやガラパゴスなどとのんきに構えてはいられない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。