情報技術の高度化で顕在化するリスク、国際的なルール作りを急げ

高額で不要な高機能が多すぎ、その割に使いにくい……。

国内だけでしか通用しない、「ガラパゴスケータイ」と揶揄されながらも、独自の機能性と使い勝手を追求して育ってきた日本の携帯電話市場。それはそれでよい面もあった。基本ソフトの技術情報が非公開であるために、世界の通信ネットワークから隔絶した存在であったおかげでウイルスからも隔離され、多少の迷惑メール被害はあったものの、重大なサイバー犯罪に対しては安全と見なされてきた。

米国に遅れること4年、日本でもアップルのアイフォーンの発売を契機に、スマートフォンの出荷台数が急激に伸びている。合わせて、ウィンドウズモバイルやウィンドウズフォン7、グーグルのアンドロイド、カナダRIM社のブラックベリーなどに注目が集まり、2010年に入ってからは、低迷する携帯電話市場に上昇気流を巻き起こしている。

スマートフォンを営業の端末として社内ネットワークにリンクするなど、ビジネスツールとしての利用も始まった。10年末、次世代携帯通信網・LTEのサービスが開始されると、通信速度10倍、容量3倍の高速大容量のネットワークになる。

だが、それは同時に、日本の携帯網もウイルスのリスクにさらされる、ということだ。

後手に回る仕組み作り

インターネットに接続できる利便性は、ウイルス被害と表裏だ。さらに、スマートフォンの基本ソフトの技術はある程度公開されている。アプリケーションの追加を促し、顧客サービスを高めるためだ。だがそれは両刃の剣となる。ウイルス製作者にも門戸を開くことになるからだ。

海外ではすでに数百ものスマートフォン専用ウイルスが確認されている。パソコンのウイルス同様、愉快犯から金銭目的に変節している。もはやガラパゴスなどとのんきに構えてはいられない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT