進む円高、長期戦略を欠く政府、狂騒に翻弄された日銀

進む円高、長期戦略を欠く政府、狂騒に翻弄された日銀

静観の構えだった日本銀行が8月30日、またしても政府から追い込まれる形で追加金融緩和策を打ち出した。同日、政府が「経済対策の基本方針について」を発表、協調路線を打ち出したのも、今年6月と同じやり方だ。

しかし市場の反応は鈍く、その後も円高、株安は続いている。為替介入や金融の追加緩和を求める声はすさまじかったが、短期の為替対策が必要なのかは疑問だ。

日銀の白川方明総裁は、「米国経済の不確実性の高まりを反映して為替相場や株価が不安定な動きを続け、わが国の経済についても下振れリスクにより注意が必要」と追加緩和の理由を述べた。

だが、こんな流れは織り込み済みではなかったか。実際、白川総裁は「わが国のバブル崩壊後の経験から、バランスシート調整の厳しさについて、もともと市場参加者や国際機関などよりもかなり慎重な見方をしていた」としている。

米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が27日、「経済が大幅に悪化すれば追加緩和を行う可能性がある」として、三つの有力な選択肢を述べたこともプレッシャーになったようだ。とはいえ、その内容も、バーナンキ議長が従来から述べてきた方針と基本的には変わらない。

副作用に注目すべき

BNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストは「現在の為替水準は実質実効レート(実質為替レートを貿易量で加重平均したもの)で見れば、過去20年間の平均と比べても多少円安」と指摘、「むしろ、2006~07年に景気が拡大していたのに、超低金利政策を継続し、超円安を実現したことが、製造業の構造調整の遅れや現在の円高方向への水準訂正をもたらしている」と見る。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT