トヨタ「カローラ」、ブレーキに不具合?

米当局、不具合めぐり調査実施の是非を検討

 9月29日、米当局はトヨタ自動車の「カローラ」について、低速で走行中にエンジンやブレーキの不具合が起こるとの顧客からの情報について、調査するか検討していることを明らかにした。11日撮影(2014年 ロイター/Kacper Pempel )

[デトロイト 29日 ロイター] - 米当局は29日、トヨタ自動車<7203.T>の「カローラ」について、低速で走行中にエンジンやブレーキの不具合が起こるとの顧客からの情報について、調査するか検討していることを明らかにした。

調査の対象となる可能性があるのは「カローラ」約170万台。

米道路交通安全局(NHTSA)によると、情報は匿名の顧客から11日に書面で寄せられた。それによると、2006─2010年モデルの「カローラ」が低速で走行中にエンジンの不具合が起こり、ブレーキも利かなくなる恐れがある。こうした事象について163件の報告があったとしている。

トヨタの米国販売子会社は声明で、当局からの問い合わせに全面的に協力するとの姿勢を示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT