トヨタ「カローラ」、ブレーキに不具合?

米当局、不具合めぐり調査実施の是非を検討

 9月29日、米当局はトヨタ自動車の「カローラ」について、低速で走行中にエンジンやブレーキの不具合が起こるとの顧客からの情報について、調査するか検討していることを明らかにした。11日撮影(2014年 ロイター/Kacper Pempel )

[デトロイト 29日 ロイター] - 米当局は29日、トヨタ自動車<7203.T>の「カローラ」について、低速で走行中にエンジンやブレーキの不具合が起こるとの顧客からの情報について、調査するか検討していることを明らかにした。

調査の対象となる可能性があるのは「カローラ」約170万台。

米道路交通安全局(NHTSA)によると、情報は匿名の顧客から11日に書面で寄せられた。それによると、2006─2010年モデルの「カローラ」が低速で走行中にエンジンの不具合が起こり、ブレーキも利かなくなる恐れがある。こうした事象について163件の報告があったとしている。

トヨタの米国販売子会社は声明で、当局からの問い合わせに全面的に協力するとの姿勢を示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング