米粒からパンを作ろう! 苦節4年で結実した新技術

「本当にコメからパンが作れるのか」。7月に斬新すぎる機能を備えたホームベーカリー「GOPAN(ゴパン)」を発表した三洋電機の元に、問い合わせが殺到している。

洗米したコメ(玄米や雑穀でも可)と水、イーストなどを容器に入れスイッチを押すと、4時間後には1斤のパンができる。もっちりした食感とほのかなコメの香りが特徴だ。発売は10月8日と先だが、「稲作振興を唱える自治体などからタイアップ要請もある」と、家電事業部の岡本正範・リビング企画二課担当課長は張り切る。

米粉からパンを作るベーカリーは以前からあった。三洋電機も2003年に業界でいち早く、米粉ベーカリーを発売したものの不発。米粉は高く、買える場所も少ないのが最大のネックだった。「ならばコメをすり潰せば」という、技術者たちの素朴な意見でゴパンの開発が始まった。だがそこからが難産だった。コメが硬く粉状にできないなどの課題を克服するのに4年もかかり、やっと完成にこぎ着けた。従来品よりも大型だが、1斤当たりの材料コストは148円と、米粉の半分以下に抑えられる。

11年度からは中国などアジアでの発売も計画する。現代のコメ消費に革命を起こすのか注目される。
 
(西澤佑介 =週刊東洋経済2010年8月7日号)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。