4代目までは僕が直接育てる[下]

孫正義・ソフトバンク社長が激白60分!

アップルとは最初から緊張関係

――足元の話を伺います。アイフォーンが大人気ですが、もしアップルがSIMロック解除を決め、他のキャリアでもアイフォーンを使えるようにすれば打撃が大きい。アップルの思惑次第であり、緊張関係がありますね。

独占契約というものを結んでいるわけではない。ですから、第1日目が始まる前から緊張関係。そもそもNTTドコモのほうがお客さんの数は多いうえ、用いている周波数帯も有利。にもかかわらずアップルがわれわれを選択してくれた。だから、最初から1日たりとも、われわれは気を緩めていい状況ではない。

――ドコモは、総務省の方針にのっとり、来年4月以降の新端末はSIMフリー(端末をどのキャリアでも使えるようにすること)に対応できる機能を付けると表明しました。

SIMフリーには一長一短あるので、われわれもバランスよくつねに検討はしていきたい。しかし、そもそもSIMロックだとかSIMフリーとかいうのを、外から誰かが強制的に決めるものではない。企業対企業で決めるものだ。メルセデスがヤナセを選ぶのか、トヨタの地元の販売店を選ぶのかというのは、国が法律で決めますか?

われわれは倒幕の戦いをしている。倒幕の真っ最中に、坂本龍馬は自分たちが仕入れた武器を幕府に横流しなんてしていない。

――幕府はドコモですか。

もともと国がつくった会社ですからね。これからも、切磋琢磨をしていくことになると思います。

(撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT