アップル株が上昇、新製品発表への期待感で

間もなく発表会がスタート!

 9月9日、午前の米国株式市場でアップル株が値を上げている。写真は同社のロゴマーク。サンフランシスコで2013年1月撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[9日 ロイター] - 9日午前の米国株式市場で、アップル株が商いを伴って、およそ1%値を上げている。新製品の発表を直前に控え、期待感が高まっていることが背景。

アナリストの間では、同日の発表が見込まれている新型スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)6」が市場シェアを伸ばすとの見方が広がっているほか、ファンション誌の編集者らを数多くイベントに招待していることなどから、4年ぶりの新製品となるスマートウォッチ(通称「iWatch」)をついに発表するとの期待が高まっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT