アップル株が上昇、新製品発表への期待感で

間もなく発表会がスタート!

 9月9日、午前の米国株式市場でアップル株が値を上げている。写真は同社のロゴマーク。サンフランシスコで2013年1月撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[9日 ロイター] - 9日午前の米国株式市場で、アップル株が商いを伴って、およそ1%値を上げている。新製品の発表を直前に控え、期待感が高まっていることが背景。

アナリストの間では、同日の発表が見込まれている新型スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)6」が市場シェアを伸ばすとの見方が広がっているほか、ファンション誌の編集者らを数多くイベントに招待していることなどから、4年ぶりの新製品となるスマートウォッチ(通称「iWatch」)をついに発表するとの期待が高まっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。