投手陣の起用に見えたヤクルト高津監督の本気度 激闘プロ野球日本シリーズの舞台裏を振り返る

拡大
縮小
見事、日本シリーズで日本一に輝いた東京ヤクルトスワローズ、高津臣吾1軍監督のインタビューです(写真:アルファポリス編集部)
2020シーズン、未曽有の事態に見舞われるなかで、リーグ最下位という悔しい結果に沈んだ東京ヤクルトスワローズ。今季は心機一転、投手陣の補強を最優先に掲げ、再起を誓う。
昨シーズンを踏まえ、「今年はさらに厳しくいく」と宣言する2年目の高津監督は、新戦力が加わった新たなスワローズをどのように変革し、リーグ制覇を目指していくのか。
本連載では、今年もインタビュアーに長谷川晶一氏を迎え、高津監督の組織論から、マネジメント術、若手育成術まで余すところなくお届けしていく(本稿は第18回分を掲載)。

――改めまして、日本一おめでとうございます。11月27日の日本一決定から2週間弱が経過しての心境をお聞かせください。

高津 日本一直後からお祝いのメールや電話がたくさん来ていたものが、ようやく落ち着いてきました。本来ならシーズンが終わったら、何も予定を入れずに自宅のベッドでダラダラ過ごすのが好きなんですけど、おかげさまで今年は幸せな忙しい時間を過ごしていますね。予定もびっちり入っていて、改めて「日本一になったんだな」って感じています。

――激戦続きで、名勝負となった2021年日本シリーズについて伺います。オリックス・バファローズ相手に、戦前はどのような戦いをイメージしていたのですか?

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

高津 相手の先発ピッチャーがいいので、うちの選手たちについては、「バッター頑張れ」という思いではなく、「ピッチャー頑張れ」という思いがとても強かったです。オリックスの山本由伸投手、宮城大弥投手がいいことはわかっていたし、彼ら以外にも好投手がいたので、「なかなか点は取れないぞ」という思いでした。

――ということは、ロースコアのゲーム展開を想定されていたわけですね?

高津 そうです、そうです。「2点、3点取られてしまうと厳しくなるぞ」という思いは持っていました。イメージとしては0対0、1対1で何とか粘る。点を奪われたとしても、2対2ぐらいまでの感覚です。それぐらいのゲーム展開にしなければ、このシリーズは勝てないと思っていました。

――実際には、第2戦こそ2対0で勝利しましたが、残りの5試合はすべて1点差ゲーム。事前の想定通りのロースコアでの接戦となりましたね。

高津 もっと具体的にいえば、うちの先発投手ができるだけ長いイニングを引っ張って試合を作っていく。その間に相手先発に球数を投げさせて何とか降板させて、相手の2番手、3番手を登場させる。そんな展開を思い描いていました。結果的に第6戦こそ、山本投手を9回まで投げさせてしまったけれど、それ以外は理想の展開だったと思いますね。

次ページ日本シリーズ、ピッチャーの起用について
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT