投手陣の起用に見えたヤクルト高津監督の本気度 激闘プロ野球日本シリーズの舞台裏を振り返る

拡大
縮小

――シーズン中はずっと「中10日」ペースを守ってきた奥川投手ですが、ここで初めて「中7日」登板を託すつもりだったんですね。

高津 実現はしなかったけれど、そのつもりでした。

――そうなれば、第7戦の先発を奥川投手に託し、第2戦で登板した高橋奎二投手も「第2先発」として待機できる。だからこそ、第6戦でスコット・マクガフ投手を回またぎさせて2回1/3イニングを投げさせることも可能となったんですね。

高津 あの試合は結局延長12回までもつれました。勝ったら終わりですが、負けた場合、引き分けた場合、それぞれを考慮に入れたうえで、スコットを最後まで投げさせるという判断をしました。第6戦に関しては、先発の高梨の降板タイミング、2番手の(アルバート・)スアレスの回またぎ、いずれも勝ち、負け、引き分けをすべて想定したうえでの継投でしたね。

第6戦、延長12回の死闘を振り返って

――第6戦は延長12回の死闘となりました。仮にこの試合が引き分けに終わった場合、第8戦の開催も現実味を帯びることになりました。第7戦までは当然のこととして、第8戦のシミュレーションはどの程度なされていたんですか?

高津 詳しいことは言えないけど、第2戦を1勝1敗で終えたときに、当初のプランから別のプランに変更しました。それで試合が進んでいって、第4戦が終わって3勝1敗となったときにまたプランを変えました。このときには第8戦のプランも入っていましたね。

――つまり、日本シリーズ当初は「プランA」でスタートしたものの、第2戦終了後に「プランB」となり、第5戦後には、第8戦も見据えた「プランC」になったということですか?

高津 言えることと、言えないことがあるんですけど、まぁ、そういうことです(笑)。で、3勝1敗で第5戦を迎えるときには、すでに第8戦を考えてはいました。第6戦も延長12回表、ツーアウトランナーなしだったので、「引き分けもあるな」という思いで第8戦のイメージはしていました。

日本一を決めた第6戦の延長12回表については…(写真:アルファポリス編集部)

――結果的には二死走者なしから塩見泰隆選手が出塁し、代打の川端慎吾選手にタイムリーヒットが出てついに勝ち越し。そのまま日本一を決めました。

高津 まさか、あそこから1点を取れるとは思っていなかったですね。当たりはよくなかったけれど、今年は本当に川端には助けられました。

――日本シリーズについては、まだまだ伺いたいことがあります。ぜひ次回もこの続きをお願いいたします。

高津 今はまだ来年のことは考えられないけど、今シーズンのことなら、じっくりとお話しできるので、ぜひ次回もよろしくお願いいたします。

(インタビュアー:長谷川晶一)

アルファポリスビジネスの関連記事
絶対に掴み取りたい20年ぶり日本一の座 初戦、初回、初球それぞれの「1」を大事に行く
僕もチームも「勝利」だけを信じて戦った――M3の大敗から優勝の瞬間まで、高津監督が見ていたもの
悲願のリーグ優勝目前! 強いヤクルトを支える高津マインド「我慢と信頼」

アルファポリスビジネス編集部

アルファポリスはエンターテインメントコンテンツのポータルサイト。小説、漫画、書籍情報などを無料で配信。最近はビジネス系の記事にも力を入れている。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT