投手陣の起用に見えたヤクルト高津監督の本気度 激闘プロ野球日本シリーズの舞台裏を振り返る

拡大
縮小

――初戦を奥川恭伸投手に託し、第2戦を高橋奎二投手に、東京ドームに移動してからは小川泰弘、石川雅規、原樹理投手が先発。第6戦は高梨裕稔投手がマウンドに上がりました。これも事前の想定通りでしたか?

高津 えっと、「いくつか想定していたパターンの1つ」だと理解していただいたらいいのかな? あんまり詳しくは言えないけど(笑)。

――それは、例えば第4戦を3勝0敗で迎えたケース、0勝3敗で迎えたケース、それによってプランを変更していたということですか?

高津 いや、勝敗による変更というよりは、投手のコンディションや球数とかですね。例えば、3連勝でも3連敗でも、第4戦は石川が先発する予定でしたし、実際は2勝1敗で迎えた第4戦でしたけど、予定通りに石川に任せました。

奥川恭伸投手に初戦の先発を託した理由

――この連載でも何回も伺いましたが、2021年ペナントレース、特に後半戦は奥川恭伸投手を軸にローテーションは回っていましたし、日本シリーズでも初戦の先発マウンドを彼に託しました。これは、実力面での評価はもちろん、「彼の将来のために」ということも見据えたうえでの選択ですか?

高津 日本シリーズ初戦での先発は、割と早い時期から決めていました。今の質問でいえば、後者の思いのほうが強いですね。

――「今後のために」という思いのほうが強いということですか?

高津 はい。せっかくCSに登板するチャンス、せっかく日本シリーズに登板するチャンスがあるのなら、彼にいろいろ経験させたいと考えました。だから、CS初戦も彼に託したし、日本シリーズでも、「第2戦、第3戦にかかる重圧よりも、さらにプレッシャーの大きい初戦を経験させたい」という思いはずっとありました。

奥川恭伸投手を積極的に起用した理由は…(写真:アルファポリス編集部)

――彼にはその重圧に耐えうるメンタリティーがあると判断したうえでの選択ですか?

高津 いや、その重圧に耐えられるメンタリティーがあるかどうかは、僕たちにはまだわかりませんでした。だから、もしも今後またこういう舞台が訪れたときの判断材料とするためにも、「ここで投げさせたい」と考えました。

――日本シリーズという大事な局面でも、「今後の判断材料とするために」という思いも持っていたのですか?

高津 持っていましたね。もちろん、単なる「経験を積ませるため」だけではないですよ。根本には「山本投手に投げ勝つのは奥川だ」という思いがありました。でも、そこに「経験のため」という思いもあったのは事実です。

――結果的に第6戦で日本一に輝きましたが、球団公式YouTubeを見ると、「今日決まってよかったです。明日、投げる予定だったので」と奥川投手が語っている場面が流れました。これは第7戦での先発、あるいはリリーフ登板、どのような想定だったのですか?

高津 先発です。CSファイナルでジャイアンツを完封した後、すぐに監督室に呼んで、日本シリーズの初戦と7戦目の先発を告げました。京セラドーム大阪での第1戦を終えたときにも、「もう1回、投げるからね」ということはベンチにいる時点で言ってありました。

次ページ1戦目と7戦目を奥川投手に託した理由とは
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT