ツイッター、「購入」ボタンの試験運用開始

つぶやき(ツイート)から買い物が可能に

 9月8日、ツイッターはツイートから直接買い物ができる「購入」ボタンの試験運用を始めた。写真は同社のロゴマークと人影。ワルシャワで2013年9月撮影(2014年 ロイター/Kacper Pempel)

[8日 ロイター] - 米短文投稿サイト、ツイッター<TWTR.N>は8日から、ツイートから直接買い物ができる「購入」ボタンの試験運用を始めた。

同社がブログ(http://bit.ly/1usnbBG)で明らかにした。米国内の少数利用者の画面に「買い」ボタンが現れるという。

同社は「アンドロイドやiOS向けのツイッターアプリ上で、ほかでは得られない値引きや商品に、利用者らがアクセスができるようになる」と説明している。

米フェイスブック<FB.O>も、同社のサイトで紹介されている商品などをその場で購入できる「購入」ボタンを試験運用している。

ツイッターによると、スマートフォンで数回タップするだけで購入作業をすべて完了することも可能。「購入」ボタンを押すと、発送先と支払情報を入力する画面になる。

同社は今回のテストのため、ソーシャルコマースサイトのファンシやミュージックトゥデーと提携した。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。