中国アリババ、IPOで最大211億ドル調達へ

テクノロジー系では過去最大の調達規模

 9月5日、中国のアリババ・グループ・ホールディングがIPOの仮条件レンジを1米国預託株式当たり60━66ドルに設定する見込みであることが米SECへの提出書類で明らかになった。写真は4月23日、中国の杭州郊外で(2014年 ロイター/Chance Chan)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング[IPO-BABA.N]は、新規株式公開(IPO)の仮条件レンジを1米国預託株式(ADS)当たり60━66ドルに設定する見込みだ。米証券取引委員会(SEC)への提出書類で明らかにした。

調達額は最大約211億ドルになる見通しで、米国市場に上場するテクノロジー企業としては過去最大となる。

アリババは、今後数日に開催するロードショーを経て、最終的なIPO価格を決定する。

アリババはADS3億2010万株のうち、1億2310万株を売却する。

仮条件レンジの上限におけるアリババの企業価値は1626億9000万ドル。一部のアナリストは約2000億ドルに達するとの見方を示していたが、これには届かなかった。

関係筋によると、同社は8日の週に上場を予定している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT