中国アリババ、IPOで最大211億ドル調達へ

テクノロジー系では過去最大の調達規模

 9月5日、中国のアリババ・グループ・ホールディングがIPOの仮条件レンジを1米国預託株式当たり60━66ドルに設定する見込みであることが米SECへの提出書類で明らかになった。写真は4月23日、中国の杭州郊外で(2014年 ロイター/Chance Chan)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング[IPO-BABA.N]は、新規株式公開(IPO)の仮条件レンジを1米国預託株式(ADS)当たり60━66ドルに設定する見込みだ。米証券取引委員会(SEC)への提出書類で明らかにした。

調達額は最大約211億ドルになる見通しで、米国市場に上場するテクノロジー企業としては過去最大となる。

アリババは、今後数日に開催するロードショーを経て、最終的なIPO価格を決定する。

アリババはADS3億2010万株のうち、1億2310万株を売却する。

仮条件レンジの上限におけるアリババの企業価値は1626億9000万ドル。一部のアナリストは約2000億ドルに達するとの見方を示していたが、これには届かなかった。

関係筋によると、同社は8日の週に上場を予定している。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。