中国アリババ、IPOで最大211億ドル調達へ

テクノロジー系では過去最大の調達規模

 9月5日、中国のアリババ・グループ・ホールディングがIPOの仮条件レンジを1米国預託株式当たり60━66ドルに設定する見込みであることが米SECへの提出書類で明らかになった。写真は4月23日、中国の杭州郊外で(2014年 ロイター/Chance Chan)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング[IPO-BABA.N]は、新規株式公開(IPO)の仮条件レンジを1米国預託株式(ADS)当たり60━66ドルに設定する見込みだ。米証券取引委員会(SEC)への提出書類で明らかにした。

調達額は最大約211億ドルになる見通しで、米国市場に上場するテクノロジー企業としては過去最大となる。

アリババは、今後数日に開催するロードショーを経て、最終的なIPO価格を決定する。

アリババはADS3億2010万株のうち、1億2310万株を売却する。

仮条件レンジの上限におけるアリババの企業価値は1626億9000万ドル。一部のアナリストは約2000億ドルに達するとの見方を示していたが、これには届かなかった。

関係筋によると、同社は8日の週に上場を予定している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT