日産の低燃費カー見参! 衝撃の“100万円切り”

アイドリング停止で火花

エンジンも4気筒から3気筒に変えて軽くなった。実は3気筒の搭載は日産初。気筒減少は摩擦軽減や熱効率向上にも寄与する。車重減は燃費計測時に有利に働くゆえ、日産悲願の「小型車で燃費ナンバーワン」が実現した格好だ。

「当初はここまで低燃費車になるとは思わなかった」(日産関係者)。マーチはタイのほか新興5カ国で生産、世界160の国・地域で販売されることから、「いかに安く、作りやすくするかに主眼が置かれた」(同)。ただ消費者の環境意識が高まる中、最後はアイドリング停止機能を盛り込み、2キロメートル相当の燃費改善を“ダメ押し”した。

特別な運転操作なく、低燃費を実現できるアイドリング停止機能では、マツダが先行。が、日産車はステアリングを切ったままでも、停止する。アイドリングの停止する機会が多いほど燃費は向上するわけで、新技術における新たなバトルも興味深い。

先進国での小型車志向、新興国での中間層拡大とも取り込めるのが小型車だ。ホンダやトヨタは100万円前後の小型車を準備中で、ダイハツ工業も1リットル当たり30キロメートル走る軽自動車の来年発売を予告。スモールカー大競争時代の幕は切って落とされた。

■日産自動車の業績予想、会社概要はこちら

(週刊東洋経済2010年7月24日号 撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。