サムスン、5.7インチ「ノート4」で差別化

マルチタスク対応機をドイツIFAで発表

 9月3日、サムスン電子は新型スマホ「ギャラクシー・ノート4」(写真)を発表した。ベルリンで3日撮影(2014年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ベルリン 3日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は3日、新型のスマートフォン(多機能携帯電話)「ギャラクシー・ノート4」を発表した。画面サイズは5.7インチでメタルフレームを採用、米アップル製品を意識し、デザイン性も追求した。

ペン入力機能を改善したほか、手書き用のソフトウエアも搭載。より鮮明な高画質を実現したほか、大型画面を活かし容易にマルチタスクを行えるとしている。

だが多くの機能を備えながらも、アナリストからは新たなユーザーを満足させるには新味に欠けるとの指摘も出ている。

フォレスターのアナリスト、トーマス・フッソン氏は「わずかな変化にとどまる」とし、他の低価格スマホと一線を画す決定的な何かが足りないと述べた。

中国メーカーの追い上げに加え、来週にはアップルも大型画面スマホを発表するとみられており、サムスンにとってはスマホ商品の差別化を図る上で、厳しい競争に直面しそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。