サムスン、5.7インチ「ノート4」で差別化

マルチタスク対応機をドイツIFAで発表

 9月3日、サムスン電子は新型スマホ「ギャラクシー・ノート4」(写真)を発表した。ベルリンで3日撮影(2014年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ベルリン 3日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は3日、新型のスマートフォン(多機能携帯電話)「ギャラクシー・ノート4」を発表した。画面サイズは5.7インチでメタルフレームを採用、米アップル製品を意識し、デザイン性も追求した。

ペン入力機能を改善したほか、手書き用のソフトウエアも搭載。より鮮明な高画質を実現したほか、大型画面を活かし容易にマルチタスクを行えるとしている。

だが多くの機能を備えながらも、アナリストからは新たなユーザーを満足させるには新味に欠けるとの指摘も出ている。

フォレスターのアナリスト、トーマス・フッソン氏は「わずかな変化にとどまる」とし、他の低価格スマホと一線を画す決定的な何かが足りないと述べた。

中国メーカーの追い上げに加え、来週にはアップルも大型画面スマホを発表するとみられており、サムスンにとってはスマホ商品の差別化を図る上で、厳しい競争に直面しそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT