円安加速、8カ月ぶりに105円台へ

米経済は相対的に堅調との見方広がる

 9月2日、ニューヨーク市場はドル/円が8カ月ぶりに105円台に上昇した。写真は1万円札。都内で2012年11月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 2日中盤のニューヨーク外為市場は、ドル/円

ドルは米国債の利回りが上昇したことや、米株式相場が高く始まったことで、その他の主要な通貨に対しても強含んだ。主要通貨に対するドル指数<.DXY>は2013年7月以来の高い水準となった。

一方、欧州中央銀行(ECB)理事会が欧州経済の支援で追加緩和に踏み切るとの見方から、ユーロが対ドルで1年ぶりの安値となった。スコットランドの英国からの独立を懸念して、ポンドは対ドルで5カ月ぶりに近い安値をつけた。

ECBは理事会を4日に開く予定で、ドラギ総裁がさらなる資金供給のために量的金融緩和に踏み切るかどうかが注目されている。追加緩和の動きはユーロ安につながるとみられる。

ユーロは対ドルで13年9月以来の安値となる1.3110ドルをつけた後、米国の取引時間の早い段階で1.3128ドルまで戻した。 

ユーロ/ドル

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。