国会議員「当選後数時間で100万円」にモノ申す 橋下徹「無駄遣いを改めるなんてできるわけない」

拡大
縮小
国会議員の「文書通信交通滞在費」についてこの日、番組で声を荒げた橋下氏(写真:FNNプライムオンライン)
この記事の画像を見る(5枚)
「当選後わずか4時間の在職」で100万円が丸々懐に入る。領収書も要らない。そんな国会議員にこのコロナ禍で「10万円の給付金がもらえるか、もらえないか」で激論となる国民の痛みがわかるのか、わかるわけがない。
元大阪市長の橋下徹氏は14日、フジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』(日曜日午前7時30分から午前8時55分)で国会議員の特権に怒りをあらわにした。
10月31日投開票の衆院選で当選した新人議員の一部が、自身の金融口座に10月分の100万円文書通信交通滞在費(文通費)が振り込まれたことについてネット上で疑問の声を上げた。国会議員として10月の在職日数はわずか1日、正確に言えばほんの4時間だ。これを受け、橋下氏はこの日、番組が用意した岸田政権の「コロナ新対策」や「経済対策」などのテーマそっちのけで、この文通費問題を取り上げ、声を荒らげた。

「国会議員のお小遣い」文書通信交通滞在費

文通費は、給与やボーナス(年間約2,100万円)とは別に、国会議員1人当たり毎月100万円ずつ支払われる公費。郵送代や通信費、交通費などの名目で支給される。税金はかからず、領収書の添付義務はない。使途の報告・公開義務もなく、目的外に使用しても罪に問われることはない。歳費とは異なり、日割り計算とはならないため、国会議員として月に1日でも在職すれば1カ月分100万円全額が支払われる。「国会議員のお小遣い」などとも揶揄され、以前からそのお手盛りぶりが批判されてきた。

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」(運営:フジテレビ)の提供記事です

橋下氏は「なんと10月31日に当選した新人議員、元職議員が登庁前で一日しか在職していないのに10月分として丸々100万円(文通費が)出ている。121人、1億2,100万円が数時間の在職で」と語気を強めた。

さらに「立憲民主党も野党も(日割り提案に)乗らないと。みんなもらうほうになると急に黙る。普段は憲法9条の問題とかで大騒ぎするのに。いいですか、国民の皆さん、国会議員はわずか数時間で現金100万円、領収書抜きでもらっている。こういう国会の感覚で無駄遣いを改めるなんてできるわけがない」と最後まで怒りは収らなかった。

次ページ「こんな感覚では公費の無駄遣いなんて、放置される」
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT