ドラクエ、10年ぶりにPSタイトル投入

ソニーが国内PS4向けソフトを34本発売へ

 9月1日、ソニーが来春にかけて国内PS4向けのソフト34本を投入すると発表、「ドラクエ」も最新タイトルが投入される見込み(2014年 ロイター/Yuya Shino )

[東京 1日 ロイター] - ソニー <6758.T> のゲーム子会社、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は1日、日本で発売する据え置き型ゲーム機「PS4」向けのソフトを今秋から来春にかけて34本発売すると発表した。ソフトの充実によって、日本市場で初の年末商戦を迎えるPS4の販売を加速する。

米欧で昨年11月に発売したPS4は、日本での販売開始が今年2月に遅れた。PS4の世界販売台数は8月10日時点で1000万台を突破し、PSシリーズで最速のペースで拡大中。ただ、ゲーム雑誌「ファミ通」の調べによると、8月24日時点の国内販売は約66万台にとどまっており、日本市場では伸び悩んでいる。

日本市場の活性化をねらって、ソフトは今年9月から順次投入する。その目玉として、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>がPS4向けに「ドラゴンクエスト」シリーズの最新タイトルを2015年春に発売することも発表した。ドラクエシリーズがPS向けに発売されるのは、2004年11月にPS2向けに出して以来、10年超ぶりとなる。

同日付で、SCEの盛田厚取締役が、日本などアジア地域のゲーム販売統括会社の社長に就任。東京都内で開いたイベントで盛田氏は「日本の据え置き型市場は欧米に遅れをとっているが、メンバーが一丸になってゲーム業界を盛り上げていく」と述べた。

同日のイベントは日本市場向けのゲーム販売戦略で、今月17日には、アジア戦略の説明会を東京都内で開く予定。アジアでは、韓国、台湾、香港、東南アジアなど8カ国・地域で展開している。

 

 

 

(村井令二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT