はやぶさ通過もなんのその、福島ご当地鉄道事情 「乗っているだけで楽しい」絶景路線が勢ぞろい

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小
会津鉄道は福島県の絶景路線の1つ。阿賀川に沿うように会津の山間を南北に走る(撮影:鼠入昌史)
この記事の画像を見る(10枚)

東北新幹線でいちばん速い列車は、「はやぶさ」である。東京から仙台までを1時間半で結んでいるのだからなかなかスゴい。「4時間の壁」などと言われるが北海道まで列車に乗って4時間なのだからこれまたスゴい。

そんなとってもスゴい東北新幹線「はやぶさ」。が、この「はやぶさ」の恩恵にあずかれていない県がある。福島県だ。「はやぶさ」は、大宮駅を出てからそのあとは北関東も福島県もすっ飛ばして宮城県の仙台駅まで停まらない。だから北関東も「はやぶさ」の恩恵にはあずかれていないのだが、それはこの際横に置いて、“東北地方”なのに東北新幹線「はやぶさ」がまったく停まらないのが福島県なのである。

「本当に」充実した路線網

そんな“不遇”な福島県。東京から遠すぎるわけでもなく、かといって北関東のように近いわけでもないという微妙な立ち位置のせいなのか。

阿武隈高地を横切っていわきと郡山を結ぶ磐越東線(撮影:鼠入昌史)

だが、「はやぶさ」通過の悲しみを補ってあまりあるほど、福島県の鉄道ネットワークは充実している。毎回まるで決まり文句のように「充実している」といっているが、今度ばかりは本当だ。

北海道・岩手に次ぐ都道府県第3位の広さを誇る福島県にして、県内を必要十分な鉄道路線が確実にネットワークを張っている。非電化のローカル線も多いので、首都圏のようにいつでも気軽に電車に乗ってというわけにはいかないが、時刻表さえチェックしておけば福島県の旅はほとんど鉄道だけで済んでしまうといっていい。

次ページ広大な面積に張り巡らされた路線網
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT