19歳の罪を裁く「家裁の人々」に課された重い責任

漫画「家栽の人」(第10集・カキ後編)

とある非行少年が殺人罪で逮捕された。数々の証拠や見た目から犯人確定とされるが、疑念が浮かぶ。罪を犯したのは本当に少年なのだろうか――

植物をこよなく愛する家庭裁判所の判事・桑田義雄。

『家栽の人(1)』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

将来を嘱望されるエリートでありながら出世にまったく興味を示さない異色判事の人生哲学とはーー?

TVドラマ(主演:船越英一郎)でも話題の不朽の名作『家栽の人』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(25ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT