19歳の罪を裁く「家裁の人々」に課された重い責任 漫画「家栽の人」(第10集・カキ後編)

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
拡大
縮小
とある非行少年が殺人罪で逮捕された。数々の証拠や見た目から犯人確定とされるが、疑念が浮かぶ。罪を犯したのは本当に少年なのだろうか――

植物をこよなく愛する家庭裁判所の判事・桑田義雄。

『家栽の人(1)』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

将来を嘱望されるエリートでありながら出世にまったく興味を示さない異色判事の人生哲学とはーー?

TVドラマ(主演:船越英一郎)でも話題の不朽の名作『家栽の人』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(25ページ)
毛利 甚八 (原作)著作家・写真家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

もうり じんぱち / Jinpachi Mouri

長崎県佐世保市出身の著作家・写真家。数多くの雑誌のライターを経て1986年から『家栽の人』の原作を手がけた。代表作に『N.Y.の弁慶』(谷口ジロー画)、『宮本常一を歩く』『白戸三平伝 カムイ伝の真実』など。

この著者の記事一覧はこちら
魚戸 おさむ (作画)漫画家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

うおと おさむ / Osamu Uoto

北海道函館市出身の漫画家。代表作に『家栽の人』『イリヤッド-入矢堂見聞録』(原作:東周斉雅楽)、『ひよっこ料理人』など。

この著者の記事一覧はこちら
山﨑 司平 (監修)第二東京弁護士会
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT