ルネサス、8月の早期退職には361人応募 

年間39億円の人件費削減効果

 8月27日、ルネサスエレクトロニクスは8月に募集していた早期退職優遇制度に361人が応募したと発表。写真は同社製半導体。昨年3月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 27日 ロイター] - ルネサスエレクトロニクス <6723.T>は27日、8月に募集していた早期退職優遇制度に361人が応募したと発表した。退職日は9月30日付。これによって年間39億円の人件費削減効果が出るという。

今回の早期退職制度は、グループ内の半導体設計・開発部門5900人を8月1日付で再編したのに伴って、転勤困難者など800人を対象に8月7日から21日まで募集した。

この結果、退職金の割り増し費用で7―9月期に21億円の特別損失を計上するが、公表済みの4―9月期の連結業績予想には織り込まれているという。

ルネサスの早期退職制度は、今年3月の募集に696人が応募したのに続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(村井令二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。