ルネサス、8月の早期退職には361人応募 

年間39億円の人件費削減効果

 8月27日、ルネサスエレクトロニクスは8月に募集していた早期退職優遇制度に361人が応募したと発表。写真は同社製半導体。昨年3月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 27日 ロイター] - ルネサスエレクトロニクス <6723.T>は27日、8月に募集していた早期退職優遇制度に361人が応募したと発表した。退職日は9月30日付。これによって年間39億円の人件費削減効果が出るという。

今回の早期退職制度は、グループ内の半導体設計・開発部門5900人を8月1日付で再編したのに伴って、転勤困難者など800人を対象に8月7日から21日まで募集した。

この結果、退職金の割り増し費用で7―9月期に21億円の特別損失を計上するが、公表済みの4―9月期の連結業績予想には織り込まれているという。

ルネサスの早期退職制度は、今年3月の募集に696人が応募したのに続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(村井令二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT