ルネサス、8月の早期退職には361人応募 

年間39億円の人件費削減効果

 8月27日、ルネサスエレクトロニクスは8月に募集していた早期退職優遇制度に361人が応募したと発表。写真は同社製半導体。昨年3月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 27日 ロイター] - ルネサスエレクトロニクス <6723.T>は27日、8月に募集していた早期退職優遇制度に361人が応募したと発表した。退職日は9月30日付。これによって年間39億円の人件費削減効果が出るという。

今回の早期退職制度は、グループ内の半導体設計・開発部門5900人を8月1日付で再編したのに伴って、転勤困難者など800人を対象に8月7日から21日まで募集した。

この結果、退職金の割り増し費用で7―9月期に21億円の特別損失を計上するが、公表済みの4―9月期の連結業績予想には織り込まれているという。

ルネサスの早期退職制度は、今年3月の募集に696人が応募したのに続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(村井令二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。