内紛勃発のサークルKサンクス、高まるFCとの不協和音

内紛勃発のサークルKサンクス、高まるFCとの不協和音

親子が全面対決--。コンビニ業界4位のサークルKサンクスが、自社の有力なエリアフランチャイザーであるシー・ヴイ・エス・ベイエリア(CVS)を訴えたことが明らかになった。

もともと両社は、昨年2月にCVSがFC契約(12年2月末まで)の契約満了の前倒しに向けた話し合いを求めたことで7月から調停中。こうした中、CVSが開業したビジネスホテル内に今年4月、ローソンがオープン。これが憶測を呼び訴訟の引き金となった。

「エリアFCの本部企業がほかのチェーンに自社物件を転貸するなど、考えられない行為。自社チェーンに不利益を与える」と怒りを隠さないサークルKS。片やCVSも「訴えられたのはグッドタイミング。相手の理不尽さをアピールしていきたい」(泉澤豊社長)と一歩も引かない。

サークルKSの主張は主に二つ。FC契約上、CVSには中途解約権がないことの確認と、FC契約期間満了後も2年間はコンビニ営業を目的として他社に賃貸・譲渡をしてはならないなどの請求だ。前者についてCVSは重大な不信行為があった際には契約解除を求めることができ、ペナルティを払ってもいいと主張。後者に関しても財産権の侵害だと反論する。

成長戦略に不満

CVSのコンビニ事業売上高は266億円(店舗130店)と、サークルKSのエリアFC13社中でトップクラス。旧サンクスと契約を結び、立地戦略や商品・サービスで独自色を出し成長を遂げた同社は異端的存在だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。