内紛勃発のサークルKサンクス、高まるFCとの不協和音

拡大
縮小

「彼らの努力もあるが、成長に対してそれなりの支援をしてきた」とサークルKSは説明する。だが、そもそもCVSがFC契約の中途解消を求めたのは、合併後のサークルKSの成長戦略に不安を抱いたから。「大手と違い、これからの方向性が見えないし、店舗間の距離規制を設けておきながら弊社店舗のすぐそばに直営店を作るなど、共存共栄の姿勢がない」(泉澤社長)と不満を蓄積させていた。

サークルKSからすれば、一連のCVSの行為は自社チェーンの信用力やブランド力を傷つけかねない。しかし、そこまでFCとの関係を悪化させた結果でもある。

市場飽和から既存店のマイナスが続くなど、コンビニ業界の経営環境は厳しい。安易な出店競争を反省し、既存店底上げを重視するチェーンが増えているのは、オーナーの収入減をいかに防ぐかが喫緊の課題だからだ。環境悪化に伴いチェーン間格差は広がり、オーナーにも本部のあらが目につくようになるだろう。

今回の内紛は、コンビニ業界が抱えている問題の氷山の一角と言えそうだ。

■サークルKサンクスの業績予想、会社概要はこちら 

 

■シー・ヴイ・エス・ベイエリアの業績予想、会社概要はこちら 

 (撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年7月10日号)

高橋 志津子 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

たかはし しづこ / Shizuko Takahashi

上智大学法学部国際関係法学科卒。東洋経済新報社に入社後は、会社四季報、週刊東洋経済、ムック、東洋経済オンラインなどさまざまな媒体で編集・執筆を手掛ける

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT