住宅危機の前触れか、膨張する住宅バブルリスク

リスク1位はフランクフルト、東京も過大評価に

新型コロナウイルス流行を背景とした広い居住空間への需要が世界的に盛り上がる中で、住宅バブルのリスクが欧州全域で高まっていることがUBSグループの調査で分かった。

住宅価格の上昇が突然止まるリスクがあると警告

UBSが13日発表したグローバル不動産バブル指数によると、バブルのリスクが最も高いのはフランクフルトで、危険水域(グラフのオレンジ)にある9都市のうち6都市が欧州だった。カナダのトロントとバンクーバー、香港も高リスク。東京とシドニーは過大評価グループ(白)の上位2都市で、危険水域に近づいている。

 

借り入れコストが過去最低なうえ、広さと緑への関心が高まり、住宅価格は過去1年に世界中で上昇。UBSの調査では4つの都市を除きすべての都市で値上がりしたが、ほとんどの市場で上昇が突然止まるリスクがあるとUBSは警告した。

次ページ多くの都市でバブルリスクは過去1年に高まった
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT