ヤマダ「社長退任」で再燃する後継者問題【動画】

将来の世代交代に向けた後継者育成は喫緊の課題

家電量販の最大手、ヤマダデンキなどを束ねるヤマダホールディングスは、三嶋恒夫社長が2021年9月末で辞任しました。

創業者の山田昇会長が社長も兼務

健康上の問題で職務遂行に支障が出かねないとして本人から申し出があったようです。

当面は創業者の山田昇会長兼最高経営責任者が社長も兼務します。

創業者の山田会長が社長職に復帰するのは今回で2度目。ただし、山田会長の年齢を考えれば、将来の世代交代に向けた後継者育成は喫緊の課題です。

東洋経済が運営する会員制の経済ニュースサイト『週刊東洋経済プラス』に掲載した東洋経済の渡辺清治記者のリポートをもとにポイントを動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:小澤麻衣、撮影:尾形文繁、今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT