身近な起業を支える創業融資、創業保証

アドバイス、情報提供の仕組みも充実

中小企業白書2013年度版では、起業準備者が直面している課題として、経営知識一般の習得、事業に必要な専門知識など、3割を超える起業家が「知識面の課題」を挙げています。資金調達の支援とあわせて、情報提供も重要な支援策です。政府や支援機関は起業に関する様々な情報、知識、ノウハウ等を、ホームページ上などで情報提供しています。注目の事業は次のとおりです。

ミラサポ

ミラサポは、公的機関の支援情報・支援施策(補助金・助成金など)の情報提供や、経営の悩みに対する先輩経営者や専門家との情報交換の場を提供する、「中小企業・小規模事業者の未来を支援する」サイトで、起業家向けの情報提供も実施しています。 

特に、「施策マップ」では、国、都道府県、区市町村のそれぞれの4000件を超える支援策を、支援内容(補助金、税制優遇、金融、専門家等)、支援分野(創業・起業、人材、海外展開、事業承継等)、支援対象者、業種、支援規模、募集時期、地域などで検索、比較可能にしています。従前は、いつ、どこで、どのような支援があって何がベストなのか分かりづらかったのですが、このサイトではそれを判断するための情報が得やすくなっています。

「官公需情報ポータルサイト」では、国・独立行政法人、地方公共団体等がホームページ上に公開している入札情報を検索することができます。

また、全国で開催されているビジネスプランコンテスト(145箇所)のホームページとのリンクや、「補助金虎の巻」といったコンテンツ、専門家への無料相談、コミュニティへの参加などの機能があります。

無料で起業家の相談を受け付け

ドリームゲート

ドリームゲートは、2004年に政府の起業応援プロジェクトとして始まった、情報提供事業、起業促進イベント事業の先駆けです。現在は、民営化をしてプロジェクト日本社が事業を運営しています。全国で465人の専門家を抱え起業家に対するオンラインでの無料相談事業を実施しています。また起業・経営サポートツールやマニュアル、セミナー情報も提供しています。

特に、「事業計画作成サポートツール」では、オンライン上で、業種、資金、目標などの基本項目を入れるだけで、事業計画書が無料で簡易に作成でき、同業他社との比較で安全率の判定なども出来ます。

次ページ中小企業庁の創業スクールとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。