「懲役と罰金の両方をヤミ金に課す併料は『利欲犯を犯したらこれだけ取られるので引き合わない』」《東京地検定例会見》

併料された罰金は20万~600万円。大谷部長は「経営者はともかく、単なる従業員に罰金を併料することはヤミ金事案以外では珍しく、この点でも裁判所の厳しい姿勢が表れている」と指摘する。罰金600万円の併料となった従業員は開店当初から従業員として5年以上ヤミ金に従事し、犯行により得た利益も多額であると認定された事案。一部被害弁償し示談も成立しているにもかかわらず併料となった。

罰金
 20万~100万円未満  11件
 100万~200万円未満 16件
 200万~300万円未満 10件
 300万円        2件
 600万円        1件

大谷部長は06年の「『組織的な犯罪の処罰および犯罪収益の規制等に関する法律』の一部改正で、出資法違反による違法収益はそれまで没収・追徴の対象ではなかったが、本改正によって没収・追徴が可能になった。没収・追徴した金銭は被害者等に支給することになった」としたうえで、「東京地検でも7月下旬ころに没収金の支給を開始する」とした。7月下旬の給付予定金は735万5593円。08年7月25日に給付開始決定があった五菱会ヤミ金事件の給付資金は29億5000万円余で、申請人約7000人、資格裁定者約5500人。

「ヤミ金事件の件数は今後増えるか」との記者の質問に対し、大谷部長は「増えると思う。ここ数年、増えている」と回答していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。