「デパクロ」の功罪と百貨店の明日《それゆけ!カナモリさん》

「デパクロ」の功罪と百貨店の明日《それゆけ!カナモリさん》

 日経MJの「2010年上期ヒット商品番付」が発表された。大型ヒット商品の不作で東の横綱不在という寂しい結果の番付表。その東前頭3枚目に「デパクロ」が列せられた。「デパート+ユニクロ」を意味し、フォーエバー21なども含め低価格衣料品店が百貨店に相次ぎ進出し集客とある。

その百貨店、いったいどこへ行こうとしているのだろうか。

「小売りの王様」といわれる百貨店の苦境は、日本経済新聞、日経MJの記事には連日何かしらが掲載されているような状況が続いている。そして、今のところその出口は見えない。しかし、いくつかの模索する動き中で光明が見えてきてもいる。

■「デパクロ」は救世主たり得るか?

 上記番付の「デパクロ」。番付が発表された6月16日の記事の中では、4月に新宿高島屋店(東京・渋谷)やそごう川口店(埼玉県川口市)に開業した百貨店(デパート)内の「ユニクロ」が盛況とある。同時に番付表の寸評にも名が挙がっているフォーエバー21に関しては、米フォーエバー21が開業した松坂屋銀座店(東京・中央)は5月の売上高が4.4%増えた。フォーエバー21目当ての客が食品売り場などに流れるといった波及効果も生まれたとしている。

では、「デパクロ」は今後、百貨店復活の目玉になり得るのかといえば、6月9日付の日経MJの記事からは、どうやらそうでもない様相が見えてくる。

フォーエバー21とともに婦人靴や雑貨の集客の目玉として松坂屋銀座店に誘致された神戸レザークロス(神戸市)が本館2階で手掛ける「エスペランサマーケット」。SHIBUYA109(東京・渋谷)内の人気6ブランドを複合した新業態で、ファストファッションを意識した試みが詰まっているという。しかし、出店から1ヶ月半で「フォーエバーの来店客が回遊してくるとの見込みは甘かった」という結果だという。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT