ワールドカップで盛り上がるサッカーナショナリズム--イアン・ブルマ 米バード大学教授/ジャーナリスト


 世界各国で旗が振られ、ドラムが打ち鳴らされ、トランペットが吹き鳴らされている。国旗がたなびき、戦いの雄たけびが聞こえてくる。これは、私たちが何度も見てきたワールドカップの風景だ。

1974年の決勝戦でドイツに惜敗したとき、オランダの監督だった故リヌス・ミケルスは、「サッカーは戦争である」という有名な言葉を残した。88年にオランダがドイツを破って欧州チャンピオンになった日、オランダでは、本当の戦争が終わった45年5月よりも多くの人々が街に繰り出して歓喜した。

69年のホンジュラスとエルサルバドルの試合のように“サッカー戦争”と呼ばれる軍事衝突に発展した例もある(編集部注:領地問題などで緊張状態にあった両国が、メキシコW杯の出場権を懸けて北中米予選で対戦。スタジアムでは、サポーター同士の争いで多数の死者を出し、その後、両国の戦争に発展した)。

実際に“サッカー戦争”が起こるのはまれだが、「スポーツ競技は国家間に友愛を育む」という近代オリンピックの父クーベルタン男爵の考えはロマンチックな幻想である。

平和の時代の生活は退屈なものだ。英国のフーリガンたちの暴力は、戦争に対するノスタルジーを反映している。サッカーは原始的で部族的な感情を沸き立たせ、戦士たちが顔に顔料を塗り、戦いの舞を踊り、雄たけびを上げていた時代を思い起こさせる。サッカーの持つスピード感と集団的な攻撃という特徴が、こうした感情を高めるのだ。

ジャーナリストで作家のアーサー・ケストラーは、「ナショナリズムとサッカーナショナリズムが存在するとき、サッカーナショナリズムのほうが強く感じられる」と指摘しているが、まさにそのとおりである。ケストラーは誇り高い英国市民であったが、ハンガリー生まれで、生涯ハンガリーのサッカーナショナリストであった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。