ワールドカップで盛り上がるサッカーナショナリズム--イアン・ブルマ 米バード大学教授/ジャーナリスト


 世界各国で旗が振られ、ドラムが打ち鳴らされ、トランペットが吹き鳴らされている。国旗がたなびき、戦いの雄たけびが聞こえてくる。これは、私たちが何度も見てきたワールドカップの風景だ。

1974年の決勝戦でドイツに惜敗したとき、オランダの監督だった故リヌス・ミケルスは、「サッカーは戦争である」という有名な言葉を残した。88年にオランダがドイツを破って欧州チャンピオンになった日、オランダでは、本当の戦争が終わった45年5月よりも多くの人々が街に繰り出して歓喜した。

69年のホンジュラスとエルサルバドルの試合のように“サッカー戦争”と呼ばれる軍事衝突に発展した例もある(編集部注:領地問題などで緊張状態にあった両国が、メキシコW杯の出場権を懸けて北中米予選で対戦。スタジアムでは、サポーター同士の争いで多数の死者を出し、その後、両国の戦争に発展した)。

実際に“サッカー戦争”が起こるのはまれだが、「スポーツ競技は国家間に友愛を育む」という近代オリンピックの父クーベルタン男爵の考えはロマンチックな幻想である。

平和の時代の生活は退屈なものだ。英国のフーリガンたちの暴力は、戦争に対するノスタルジーを反映している。サッカーは原始的で部族的な感情を沸き立たせ、戦士たちが顔に顔料を塗り、戦いの舞を踊り、雄たけびを上げていた時代を思い起こさせる。サッカーの持つスピード感と集団的な攻撃という特徴が、こうした感情を高めるのだ。

ジャーナリストで作家のアーサー・ケストラーは、「ナショナリズムとサッカーナショナリズムが存在するとき、サッカーナショナリズムのほうが強く感じられる」と指摘しているが、まさにそのとおりである。ケストラーは誇り高い英国市民であったが、ハンガリー生まれで、生涯ハンガリーのサッカーナショナリストであった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT