【産業天気図・損害保険】3メガ体制で競争は激化、システム統合負担も重く、雨が続く


 2010年3月期の決算をみても、自動車保険など保険料収入の減少傾向に歯止めが掛かっていない。損害率も引き続き悪化している。さらに、住宅着工件数の減少もあり、火災保険も低調、海上保険は世界的な不況をうけて大幅な減少をみせている。

ただ、期初想定していたよりも、自然災害は少なかった。特に、世界的に大きな災害がなかったことから、再保険子会社の業績が連結利益を押し上げてた。さらに、一昨年9月以降のリーマンショック以降、悪化していた運用環境は改善、各社とも有価証券関連の損失が消え、経常損益は大幅改善した。

特に連結経常利益ベースでは大きく改善しているが、これは国内マーケットの不振を、海外子会社や再保険、運用益がカバーしたもので、正味収入保険の減少傾向には、歯止めが掛かっていないのが現状だ。
(木村 秀哉 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。