米GEが家電事業売却へ交渉

相手はスウェーデンのエレクトロラックス社

[ストックホルム 14日 ロイター] - 世界2位の家電メーカー、スウェーデンのエレクトロラックスは14日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の家電事業を買収する方向で交渉を行っていることを明らかにした。

エレクトロラックスは声明で、GEと協議を行っていることを確認したうえで、「何ら合意には至っていない」とした。

関係筋によると、GEの家電事業の価値は20億─25億ドルとみられている。

これに先立ち、通信社ブルームバーグは関係筋の話として、GEが家電事業売却に向けてエレクトロラックスや新興企業のクワーキーと交渉していると伝えた。

GEの広報担当者からはコメントを得られていない。

人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。