東急運転士が考案「操縦テクだけで省エネ」実践法

ゆっくり走っても「ダイヤに影響しない」ワザとは?

東急目黒線の運転士たちが、消費電力を抑える運転方法を編み出した(写真:東急電鉄)

コロナ禍による利用者数の低迷で苦境が続く鉄道。各社は列車本数の削減や終電繰り上げなど、運行コストを少しでも削減するための施策に追われている。

そんな中、東急電鉄目黒線の運転士たちが、新たな設備投資などの費用をかけずに運転方法の工夫だけで消費電力を減らす方法を編み出した。

「新ECO(エコ)運転」と銘打った運転手法を考案したのは、東急目黒線の運転を担当する奥沢乗務区の運転士(運転士兼車掌)たちだ。新エコ運転導入後の2021年4月とコロナ禍前の2019年4月を比較すると、電車1両を1km走らせるために必要な電力量を1カ月当たり約13%削減した。

どう走れば消費電力を減らせるか

「エコ運転」そのものは新しい取り組みではない。目黒線では、2011年の東日本大震災後から節電を目的として実施してきた。ただ、従来は11~16時台に運行する、急行との待ち合わせがない各駅停車のみに限られていた。

今回の新エコ運転は対象を終日・全列車に拡大。「先輩たちが取り組んできた手法をさらにブラッシュアップして、運転士として固定費の削減に貢献できないかという取り組み」と、同乗務区の羽野洋平さんは説明する。

エコ運転の基本は自動車の省エネ運転テクニックと同様、不要な加速を抑えることだ。定められたダイヤの範囲で運転できるのであれば、スピードを一気に上げてから急減速するよりも、一定の速度で加速をやめてゆっくり走ったほうが使うエネルギーは少なくて済む。運転士たちは、どの程度の速度で走れば定時運行を維持しつつ電力の消費を減らせるかのバランスを探り、新たなエコ運転の手法を編み出した。

次ページ加速を抑えて「惰行」で走る
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT