KDDIvs住友商事、JCOM争奪を終えても三角関係に残る火種


 KDDIはもともとJCOM子会社化には意欲的。小野寺正社長は4月の決算会見で「将来的には過半数を握りたい」と明言。自社の通信事業に、JCOMのインフラやコンテンツなどをより積極的に活用したいとのスタンスだ。

「KDDIにとっては、子会社化してこそできることが多い」とJPモルガン証券アナリストの佐分博信氏も指摘する。「JCOMが持つアクセス回線やメディア事業を獲得できるほか、基幹ネットワークの統合などコスト削減効果も大きい」(佐分氏)。

だが、これを住商が簡単にのむとは考えがたい。同社にとってJCOMは「15年間手塩にかけて育ててきた」(大澤常務)虎の子。歴代社長や役員など常時50名以上を派遣しており、思い入れは強い。

円満会見で新たな幕を切ったが、大株主2社の思惑は交錯する。両社で総額5000億円を投じた3社連合の行方はまだ波乱含みだ。

■ジュピターテレコムの業績予想、会社概要はこちら

■KDDIの業績予想、会社概要はこちら

■住友商事の業績予想、会社概要はこちら

(桑原幸作 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年6月26日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • トランプ派メディアの実態
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。