西武、「USJ復活の立役者」に託す遊園地の再生

西武HD後藤社長✕刀・森岡CEOスペシャル対談

――話を振り出しに戻します。後藤さんが西武園ゆうえんちをリニューアルしなくてはいけないと感じたのはいつで、そのきっかけは何だったのでしょうか。

後藤:西武園ゆうえんちはピーク時の1988年には194万人の来場者があったが、その後は目立ったリニューアルをしてこなかったので、だんだん飽きられてきた。2018年には来場者が50万人を切っていた。このままでは先行きが立ち行かないという危機感から、2017年ごろから西武園ゆうえんちのバリューアップの必要性を考え始めていた。

また、西武鉄道沿線にはとしまえんという遊園地もあったが、こちらは昨年8月31日に閉園して、2023年に「ハリー・ポッター」の体験型施設「スタジオツアー東京-メイキングオブハリー・ポッター」として生まれ変わる。そうすると、西武鉄道沿線の遊園地は西武園ゆうえんちしかないが、従来の発想の延長線上で投資をしても、おそらく生まれ変わることはできない。そんな問題意識を持っていたとき、たまたま森岡さんと知り合った。

――森岡さんがUSJ復活の立役者ということはご存じでしたか。

後藤:もちろん知っていた。森岡さんは情熱があって、エンターテインメントビジネスに対する造詣が深くて、何より数字がポンポン出てくる。最初はその数字にはどの程度信憑性があるのかと思っていたが、彼の話を聞くうち、ぜひこの人に西武園ゆうえんちのリニューアルを託したいと思うようになった。

難易度高くても「やらなければ」

――どんなふうにお願いしたのですか。

西武HDの後藤社長(左)と刀の森岡CEO(撮影:尾形文繁)

後藤:彼の手を握って、「よろしくお願いしたい」と伝えた。その後に「ただし、予算は100億円です」と付け加えた。そうしたら森岡さんは、「え、100億円ですか」と。USJでは、ちょっとしたアトラクションに投資するだけで、すぐそのくらいの金額になってしまう。森岡さんは「1桁足りない」と思ったんじゃないかな。もしかしたら、森岡さんの頭の中では葛藤があったかもしれないが、男気を出して引き受けてくれた。

――実際のところ、森岡さんは葛藤したのですか。

森岡:実は昔、USJの再建がそこそこうまくいっているとき、あるメディア関係の方から「USJは大きなテーマパークだからうまくいったんでしょ。もし西武園ゆうえんちをなんとかできたら本物だと認めますよ」と言われたことがある(一同笑う)。

メディアがそこまで言うほど西武園ゆうえんちは大変な状態なのかという印象を持った。それで後藤さんにお会いした後、西武園ゆうえんちの話を具体的にお聞きするまでの間に、猛烈に勉強した。実際のところ、西武園ゆうえんちの再生は難易度が高いプロジェクトになるとは思った。さりながら、後藤さんにお願いされているのにやらないというのは、死ぬときにめちゃ後悔するだろうなと。

USJでそこそこの実績は挙げていたとはいえ、2017年に刀というベンチャーを創業したばかりの私たちにわざわざお声がけいただいたのに「自信がないからやらない」なんて言ったら、一生悔いが残る。だから、やれるかやれないかではなく、「やりたい」「やらねばいけない」と思った。まあ、調べれば調べるほど、難易度はどんどん高くなったが。

<後編に続く>

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT