コロナ禍で浮かんだ「南海」、沈む「西武」「近鉄」

主力の鉄道に加え、ホテル事業大きく落ち込む

2019年3月に運行を開始した西武鉄道の特急列車「Laview」(記者撮影)

1月15日午前9時24分、宇宙ロケットのような銀色に輝く円筒状の列車が西武秩父駅を出発した。西武鉄道の特急「Laview(ラビュー)」だ。2019年3月にデビューすると、そのユニークな形状からまたたく間に人気の列車となった。

全席指定だが、列車の先頭車両に乗客は乗っていない。代わりに座席に積まれていたのは約160パック相当のイチゴ。当日朝、埼玉県秩父市と横瀬町の8つの農園で収穫したものを池袋駅に運び、午前11時ごろには西武百貨店池袋本店の売り場に並べる。

最近、鉄道各社が競うように旅客列車を使った荷物輸送を始めている。西武の担当者は鉄道輸送のメリットを強調するが、その場合、店頭で売ることができるのは池袋駅から徒歩で移動できるエリアに限られる。西武にとって荷物輸送の狙いは、ラビューの知名度を生かした農産物のPRに過ぎないように思われる。

私鉄の中でも業績が厳しい西武HD

実際、この日のラビューは先頭車両以外の乗客はまばらだったように、新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道利用は大きく落ち込んでいる。

大手私鉄の中で、とりわけ厳しいのが西武ホールディングス(HD)だ。同社は大手ホテルチェーンのプリンスホテルを傘下に抱え、コロナ前の2019年3月期は、鉄道業18%に対してホテル業が30%と、全社売上高に占めるホテル業の割合のほうが高かった。

しかし、コロナ禍の2020年4〜9月期は、鉄道業の売上高が前期比34%減となったのに対し、ホテル業は同75%減とさらに落ち込んだ。

東洋経済プラスの連載「鉄道異変」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。同連載では以下の記事も配信しています。
浮かぶ「南海」、沈む「西武」と「近鉄」
JR東日本、巨額赤字でも積極投資のわけ
リニアとコロナ、JR東海を襲う「二重苦」
JR西日本、「不動産の強化」に動く必然
JR九州、「大胆経営」に漂い始めた暗雲
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT