会社に"ビーチの白い砂"がやってきた!

<動画>波の音は人々をリラックスさせる

波の音、足元の砂の感触・・・。これらはオフィスでは味わえない感覚だ。

しかし、東京にある日本のベンチャー企業であるビズリーチはそれを実現した。従業員、訪問者、そして会社を訪問してきた見込み客を魅了し、少なくともここでは仕事中でもビーチで過ごしているように思わせることが狙いである。

砂のカーペットとスピーカー、そして3Dプロジェクターを使用して、同社は従業員の会議やスタッフ用ラウンジとしても使われる受付エリアに、トロピカルビーチを再現した。

このスペースのおかげですでに夏季休暇を取った気がするとジョークを言う従業員もいる。

「水に入ることはできませんが、波の音を聞くと、それだけで癒されます。この夏は海に行かなくてもリフレッシュできそうな気がします」と27歳の営業担当、西クルミさんは語った。

別の従業員は、波の音で本当に落ち着つくことが出来て仕事もしやすくなったと言う。「涼しいので外にいる気はしませんが、海の中で仕事をしている、という感じがします。波の音があると集中できます」と28歳の小田絢美さんは語った。

同社の最高経営責任者である南壮一郎氏は、ビール、スイカ、さらにギターといったビーチのパーティーグッズを揃えつつ、このような仕事環境は同社の310人の従業員に対して、本当のメリットをもたらすと考えている。新しいレイアウトの披露セレモニーを前に、彼は次のように説明した。

「ただ見物をするような、客を寄せるようなオフィスではなくて、みんながいろいろな会議、それは社内、社外を含めて、使ってもらって、そこで少しでも、自分たちの発想が自由になったり、クリエイティブになったり、ユニークな発想が生まれたり、そういうものに貢献をできればいいかな、と思っています。なによりも使ってほしい」

水、波、そして海洋生物は投影されているものだが、砂は本物だ。同社は2トンの砂でビーチを作ることで、本物っぽさを出そうとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT