妖怪ウォッチを射止めた、西武の「アニメ力」

立て続けに人気作品とコラボレーション

西武が開催するアニメ関連のイベント数は少なくない。最近では、アニメファンの間で大きな話題となった作品とのコラボレーションも多い。

沿線の秩父を舞台にし、テレビアニメや映画が大ヒットした『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』では、2013年の劇場版公開に合わせてスマホを利用したスタンプラリーの開始やラッピング電車の運行を実施。興行収入が20億円を突破した『劇場版 魔法少女まどかマギカ』(2013年公開)でも、東急電鉄と合同でスタンプラリーを開催。限定ボイスなどの特典を求めて、多くのファンが参加した。

画像を拡大
8月6日にスタートした「進撃の西武鉄道」のポスター

8月6日からは、世界的なヒットとなっているアニメ『進撃の巨人』とコラボレーションし、「進撃の西武鉄道 スマホスタンプラリー in 秩父」を開催している。作品中に登場する「紅蓮の弓矢」を特急“レッドアロー”号とかけたキャッチコピーや、「ウォール・チチブ」など遊び心満載でファンを取り込む狙いだ。

このほかにも、アニメキャラクターのラッピングトレインなども走行しており、『銀河鉄道999』のデザイン電車は2009年から走り続けている。車内・駅構内のマナー啓発のキャラクターには、2000年代にヒットしたアニメ『ケロロ軍曹』の登場人物を2010年から起用。西武鉄道専属のキャラクター「スママ」を登場させて、親近感のわくマナー広告作りを展開している。

西武がアニメに強いワケ

西武鉄道がアニメに強い背景の1つは、沿線に多くのアニメスタジオやアニメ・漫画のゆかりの地があるという点だ。その規模は中央線沿線と双璧をなしており、日本動画協会の調べによると、全国に約420社あるアニメ製作会社のうち、沿線自治体の練馬区に79、杉並区に70、西東京市に30と集積している(2011年)。

たとえば、池袋線の大泉学園駅には『ワンピース』や『プリキュア』シリーズでおなじみの東映アニメーションの制作拠点、大泉スタジオがある。新宿線の上井草駅には『ガンダム』やケロロ軍曹、『アイカツ』を制作するサンライズが本社を構える。同線の田無駅には『ドラえもん』、クレヨンしんちゃんのシンエイ動画が、『鉄腕アトム』などでおなじみの手塚プロダクションの本社は高田馬場駅に近い。

次ページそもそもの始まりは"あの作品"
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング