日本人に多い「腸を汚すビールのおつまみ」5大NG

「あの定番メニュー」もじつは要注意!大丈夫?

「アダムスキー式腸活法」に従うと、ビールは「スローの食品」でも「ファストの食品」でもない「ニュートラルの食品」という3つめのカテゴリーになります。

「ニュートラル」というのは、「ファスト」とも「スロー」とも組み合わせることができる食品です。

つまり、ビール自体は何とでも組み合わせることができるわけですが、その一方で、おつまみ同士で「ファストの食品」と「スローの食品」が混ざるのに注意が必要になります。

「トマト」や「ケチャップ」は要注意!

【NGおつまみ①】「フライドポテトにケチャップ」(じゃがいも×トマト)
フライドポテトとケチャップは定番の組み合わせだけど……(写真:popovich_vl/PIXTA)

「フライドポテト」は飲み会の定番ですが、実はフライドポテトに「ケチャップ」をつけると、「腸の詰まり」の原因となる可能性がある、と「アダムスキー腸活法」では考えます。

「アダムスキー式腸活法」では、「じゃがいも」など「大半の野菜」は「スローの食品」なのですが、「トマト」「かぼちゃ」「パプリカ」といった数種類の野菜は「ファストの食品」とされています。

つまり「じゃがいも×トマトケチャップ」「スロー×ファスト」の組み合わせなので、腸の流れをよくするためにはNGなのです。

フライドポテトには「パセリ」「青のり」がかけてあることもありますが、パセリは「ニュートラル」、青のりは「スロー」なので、これはどちらも組み合わせて問題ありません

【NGおつまみ②】「ソーセージにケチャップ」(肉×トマト)
ソーセージとケチャップの組み合わせも定番の美味しい組み合わせですが……(写真:tycoon/PIXTA)

また、「アダムスキー式腸活法」では「肉」も「スローの食品」と考えられています。したがって、「ソーセージ(スロー)×ケチャップ(ファスト)」の組み合わせもNGです。

ソーセージに何かをつけたければ、「マスタード」なら「ニュートラル」なのでOKです。

次ページ「唐揚げ」はどうすればいい?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT