「ドムドム」が仕掛ける高級和牛バーガーの正体 「丸ごとカニバーガー」だけではない復活施策

拡大
縮小
8月2日、新橋にオープンしたドムドムハンバーガーの新ブランドTREE&TREE’s (ツリーアンドツリーズ)で提供される「和牛バーガー 塩」1350円と「アサダケカレー」390円~(撮影:尾形文繁)
この記事の画像を見る(6枚)

2021年は「創業50周年」の企業が2万8160社あるそうだ(東京商工リサーチ調べ)。日本マクドナルドもその1つ。1971年7月20日にマクドナルド1号店が銀座にオープンし、ハンバーガーという食べ物、ファストフードという食スタイルを普及させていくこととなる。

しかし実はその1年前に誕生し、かつて国内に約400店舗を展開したハンバーガーチェーンがある。ドムドムハンバーガーだ。

もとはダイエーのグループ会社オレンジフードコートの運営で、フードコートや駅ビルでの展開が中心。今で言う昭和レトロな雰囲気の看板や、ぞうのかわいらしいキャラクターを、郷愁とともに思い起こす人も多いのではないだろうか。

現在は全国27店舗まで縮小、都内も3店舗のみ

しかし現在は全国27店舗まで縮小しており、都内の展開も浅草花やしき店、小平店、マルエツ大泉学園店と3店舗のみである。印象は強く刻み込まれているのだが、その実体をなかなか見ることができない、まるでレアキャラクターのような老舗ブランドなのだ。

しかしこのところ、そのドムドムハンバーガーががぜん、息を吹き返す動きを見せている。

最たるものが、新業態TREE&TREE’s (ツリーアンドツリーズ)の展開だ。8月2日、新橋にて開業した同ブランドは、店内で手切りをしたパティを米粉のバンズでサンドしたバーガーをメイン商品に「日本で食べられる最高のハンバーガー」を目指すショップだという。

8月2日のツリーアンドツリーズ開店日には藤﨑社長の姿も(編集部撮影)

新ブランド立ち上げの立役者、ドムドムフードサービス代表取締役社長の藤﨑忍氏は新業態への思いを次のように語る。

「新店舗の名称はレンブラントの『3本の木』という作品をイメージしたもの。モノトーンの田園風景に揺るぎなく立つ3本の木……新橋の復興と重なる版画だと感じました。ツリツリ(ツリーアンドツリーズ)として新しい一歩を始める新橋はかつて闇市で活気に満ち、ここから戦後の復興が起こりました。ツリツリでは、ドムドムでできないことに挑戦し、最高においしいハンバーガーを提供していきたいと考えています」

次ページ「ドムドムではできなかったこと」とは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT