音が独特?白い都営浅草線「5300形」が遺した功績

VVVFインバータ制御による省エネ化が持ち味

まもなく引退する5300形。5300形では先頭部に細かな違いがあり、スカートの短いタイプは写真の5314編成を最後に引退している(筆者撮影)

東京の地下鉄では車両の世代交代が進み、すでに銀座線や日比谷線、千代田線では新形車両への置き換えが行われた。都営浅草線でも2018年から車両の置き換えが進み、今まで都営浅草線で活躍していた5300形がまもなく引退する見込みとなった。

この記事の画像を見る(5枚)

都営浅草線の第2世代

都営浅草線は1960年の開業から60年以上が経過していて、今回登場した新形車両の5500形が第3世代・4種類目の車両となる。代わって引退する5300形は都営浅草線の第2世代・3種類目の車両で、1991年に登場したものだ。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

5300形は都営浅草線の車両のなかで、完全なモデルチェンジを図った車両だ。開業当初の都営浅草線では2両編成で運行され、その後に4両・6両・8両と順次列車を長くしていった経緯がある。5300形が登場した頃は8両編成が中心となり、6両編成が一部で残るという時代になっていたので、5300形は当初から8両編成で作られている。

また、当初から冷房装置を搭載したほか、デザインや搭載機器を一新し、外観は都会的で親しみやすいデザインとしている。車体はアーバンホワイトという白系の色で塗装されているが、アルミ製の車体なので錆びる心配がない。増備過程では、前面に付く「スカート」と呼ばれる部品が変更され、5315編成以降では大型化されている。

走行機器では、VVVFインバータ制御を採用することで、加速やブレーキの際に発生する放熱量が少なくなっている。加速の際は、モーターに電気を供給して走行しているが、特にVVVFインバータ制御では、ブレーキの際に「回生ブレーキ」が簡単に使用できるようになっている。回生ブレーキでは、モーターの力を使って走行時のエネルギーを電力に変換して戻すことが可能で、省エネルギー化につながっているのだ。

次ページやっと進んだ冷房化
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT