【産業天気図・電子部品】パソコン、高機能携帯の需要拡大で受注回復、価格も下げ止まり「晴れ」の活況

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

 電子部品業界は2010年4月から11年3月まで、1年通じて「晴れ」となりそうだ。携帯電話やノートパソコンなどデジタル機器の販売が上向き。年々下がる傾向にあった主要部品の販売価格が下げ止まりの兆しを見せているためだ。
 
 10年度は受注面の回復が鮮明になる見通し。薄型テレビや高機能携帯電話などの販売が国内外で増加するのが要因で、これらのデジタル機器に搭載される部品の需要も拡大する公算。高機能携帯電話には一般的に、セラミックコンデンサーが300個以上、表面波フィルタも10個以上搭載されているため、部品業界への波及力は高い。業界大手の京セラ<6971>は携帯電話、パソコン、薄型テレビの10年の世界市場が09年比でそれぞれ10%拡大すると見ている(暦年ベース)。

また、汎用セラミックコンデンサーの販価が年間約10%低下するといった単価下落も、需給の逼迫感を背景に、このところは下げ止っている。村田製作所<6981>の村田恒夫社長は「10年4~9月期は、コンデンサーなどの値下がりが緩やかになるだろう」と語る。

こういった状況を受け、業界大手は業績の急回復を描く。京セラや村田製作所などは、10年度の営業利益が前期比で倍増以上になる計画。日本電産も10年度の純利益が過去最高を更新すると見通す。後半には値下げ圧力が再び強まる懸念が残るものの、前期から取り組んでいる採算管理徹底や派遣社員削減などによる人件費抑制策が本格的に効いてくることで十分に補えるだろう。
(梅咲 恵司=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。