五輪に来た外国人がコンビニで「ハマったもの」

取材の合間にさまざまなものに助けられた

食材の流動性と呼んでいるもの――食事時間と実際に食べることには関係性がなくなるような興奮した精神状態のこと――の長年の支持者として、私が泊まっているホテルの朝食ビュッフェで衝撃の事実が判明した。ホテルでは厚切りの鯖に唐揚げ、麺のスープ、選りすぐりの漬物が毎朝出される。

オリンピック期間中の食事は物足りないのだ。プレスセンターにはレストランが2つある。そのうち1つはうどんやビーフカレーなど定番の日本食を提供している。もう片方はピザ&バーガーレストランという名前のピザやハンバーガーのレストランだ。

私たちが宿泊するホテルでも同様だが、そのどちらのレストランでも、ボリュームが少なく、メニューは変わらない。また、全座席が分厚いガラスのパーティションによって区切られている。

「コンビニはつねに進化を止めない」

だからこそ、よりさまざまな種類の商品が揃うコンビニエンスストアに人々が引きつけられることは当然と言えるだろう。

このチキンは驚くほどジューシーだった(写真:Andrew Keh/The New York Times)

こういった種類の豊富さと目新しさは半世紀もの間、日本でのコンビニ文化の要であった。ハーバード大学の教授ホワイトローは私にこう教えてくれた。

「おにぎりはコンビニで購入した初めての伝統的な日本食だ。それらは、海苔が湿らないよう、そして海苔を巻くのが簡単になるよう、工夫されたパッケージに入った状態で販売されていて、しかも売れても永遠に新しいものが配置されるかのように見えるんだ」

「コンビニは日本の手作り、便利な食事――長いこと日本を支えてきたご飯のボール(おにぎり)――をパッケージに包み、豪華な料理、つねに変わり続けるコンビ二料理へと進化させた」と、ホワイトローは話す。

オリンピック期間を通して、おにぎりは私をも支えてくれた。取材先に行く前に、おにぎりを1つか2つ(時には3つか4つ)、カバンに入れることは、お腹が空かないための必勝法である。

次ページお気に入りの「コンビニ商品」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT