「ウマ娘」無双!サイバー、利益5倍決算のすごみ

広告も絶好調、アベマは赤字縮小だが残る課題

サイバーエージェントの藤田晋社長は「ゲーム事業や広告事業など、全般的に想定を上回った」と強調した(写真は2019年、撮影:今祥雄)

ネット広告最大手、サイバーエージェントの勢いが止まらない。7月28日に発表した2021年4~6月決算では、売上高が前年同期比70%増の1922億円、営業利益は5.4倍の445億円となった。

急成長の最大の要因はゲーム事業だ。傘下のサイゲームスが今年2月末に配信を開始したスマートフォンゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』の大ヒットが続いている。

前回の1~3月決算では1カ月強の貢献だったが、今回は初めて3カ月分フルに寄与したこともあり、四半期のゲーム事業売上高は前年同期比2.5倍となる923億円、営業利益は5.8倍の442億円と驚異の数字をたたき出した。四半期では売上高が主力のネット広告事業を初めて上回った。

キャラや機能の追加で畳みかけ

ウマ娘は7月20日に900万ダウンロードを突破。アメリカの調査会社アップアニーによれば、ウマ娘は4~6月のスマホゲーム課金額ランキングで世界2位だった。現状の配信国は日本のみのため、この実績からも国内での異様な人気ぶりがわかる。

育成対象キャラクターは提供開始時の25人から36人に。プレーヤー自らが主催者となりほかのプレーヤーとの対戦を開催できる機能も追加(記者撮影)

実在する競走馬の名前や特徴を表現したキャラクターを育成し、レースで競わせるのがこのゲームの仕組みだ。ゲーム人気を最大化させるため、2016年から関連するアニメやマンガを展開し、IP(知的財産)としての育成に注力してきた。

ゲームのリリース後も自社動画配信サービス「ABEMA(アベマ)」でのアニメ一挙放送、マンガやブルーレイディスクの販売も行い、8月末にはオンラインライブも予定する。

さらに、育成できるキャラクターの拡充、ほかのプレイヤーとの対戦機能の新設など、刷新も続けている。決算説明会に登壇したサイゲームスの近石愛作取締役は、「アニメやマンガファンはもちろん、(ゲームから入った)新たなユーザーにも広く受け入れられた。長く楽しんでもらえる取り組みを続けたい」と語った。

ゲーム事業の好調を受け、サイバーエージェントは2021年9月期通期の業績予想を前回決算発表時に続き再び上方修正した。年度内に2度上方修正するのは異例だ。従来は売上高6000億円、営業利益575億~625億円という予想だったが、今回は売上高6500億円、営業利益1000億円とした。同社が年間の営業利益で1000億円を超えるのは初めてとなる。

次ページ主力の広告、アベマの進捗は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT