意外な業界がiPhone活用、自動車保険の見積もりも手軽に

意外な業界がiPhone活用、自動車保険の見積もりも手軽に

メディアへの影響ばかり喧伝される感のあるアップルのiPhoneとiPad。しかし、意外な業界にもインパクトを与えている。

ダイレクト自動車保険大手のチューリッヒ保険では、5月26日にiPhoneを用いて自動車保険の見積もり・契約ができる、専用アプリの提供を始めた。アプリ名は「Z−Gate」。見積もりの際に必要な車検証や保険証券の情報を手入力することなく、カメラで撮影した画像を送るだけで済む点が大きな特徴だ。

「開始早々からコンスタントに見積もり依頼が入っている。iPadが発売されたこともあり関心が高まっているのだろう」(ダイレクト事業部代理店開発部の並木哲也統括部長)。iPhone向け広告サービスのアドモブと組み、積極的に広告を打っていることも、好調なスタートの理由だ。

メニューは「アプリでお見積もり」と「電話でお見積もり」のみだが、安全運転を啓蒙する「事故ゼロ教室」や、ミニゲームを加える予定。「自動車がなくても、ゲームを楽しんでもらえれば、自動車購入の際に想起してもらえる」(並木統括部長)。

他の保険会社も同様のサービスを展開しそうなものだが、「セキュリティ環境を含めてビジネスモデル特許を申請している」(同)。そう簡単にはマネできないようになっているようだ。

(山田俊浩 =週刊東洋経済2010年6月12日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。