大阪ミナミに活気戻る! 3月から人の流れが急増《NEWS@もっと!関西》

大阪ミナミに活気戻る! 3月から人の流れが急増《NEWS@もっと!関西》

大阪の繁華街・ミナミが、異常な熱気に包まれている。休日ともなると、商店街を埋め尽くすほどの人だかりになる。「ミナミがこんなに混雑しているなんて、いままでにない」(40代女性)、「お店から人が溢れそうになっていて、とても入られへんかった」(20代女性)と、地元住民も驚くほどの混雑ぶりだ。

ミナミはここ数年、消費不振の影響で停滞していた。地域住民に親しまれてきた道頓堀の食堂「大阪名物くいだおれ」(下写真)が、2008年4月に閉店。同年の秋のリーマン・ショック後は、ミナミの不振はいっそう深刻になった。地域のシンボル的存在であった百貨店「そごう心斎橋本店」も、09年8月に閉店に追い込まれた。

 これらの余波で、地域を訪れる人は激減。地域を代表するアーケード「心斎橋筋商店街」の調査では、商店街の通行量は08年12月から今年1月まで、14カ月連続で前年割れが続いていたという。

ところが、今年3月に潮の流れが一変した。同じく心斎橋筋商店街の調査では、3月の通行量が前年同月比110%、4月も同107%に上昇。5月に入ってもその勢いは衰えず、同116%の高水準となっている。大型連休中の5月3日は1日の通行量が49万人と、09年の最悪期に比べて1.7倍も増えた。

「ここにきて、ものすごく増えています。若い人から親子連れ、外国人観光客など幅広い層のお客さんで賑わっています」と、心斎橋筋商店街振興組合の前田雅久事務局長は言う。

“呼び水”となったのは、続々と登場した新店舗だ。2月に人気ブランドの複合ショップ「コレクトポイント」が、3月にはスウェーデンのファッションブランド「H&M」の大型店舗が、どちらも心斎橋にオープン。百貨店や商業施設も「大丸心斎橋店」「高島屋大阪店」「なんばCITY」「なんばパークス」が次々に増改築し、それぞれが女性から支持の高いブランドショップを拡充した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。